環境保護を目的としたREACH分析の概要

MENU

輸出には安全性評価が重要

男の人

専門機関による検査体制

製品の輸出を行う企業にとってはリスクマネジメントが非常に重要です。特に注目されているのがREACH分析です。ユーロ圏ではより安全な製品を輸入するために、登録、評価、認可、制限に関わる規則を定めています。それがREACH規則とよばれるものです。これらについてクリアにしなければユーロ圏に輸出ができないのです。そのためにはREACH分析を行う組織にリスクマネジメントを委託することになります。対象は製造業者でも輸出入業者でも小売業者でも同等です。REACH分析を行う組織ではそれぞれの事業に適した管理を行います。例えば製品や原材料を試験して安全性をチェックします。製品リスクにもとづいたスクリーニング試験を行いますし、試験結果のリスク評価なども実施します。また各種データの収集を行い、検査記録を審査してREACH分析の監査を行います。このように原料や素材の検査から製品化される工程まで一貫して監督するので、安心して安全管理ができます。このようなリスクマネジメントを行う組織は色々なサービス分野の製品をREACH分析することができます。日本の輸出品を代表する自動車をはじめ、農業や食品分野、化学や建設業、一般製造業に至るまでREACH規則を遵守できるような体制を敷いています。海外への輸出で業績を上げている企業は、このようなREACH分析を的確に行う組織とパートナーを組むことによって安全に安心して業績を上げることができるのです。

RECOMMEND POST

実験道具

EUの化学物質規制

EUで実施されているREACH規制は、特定の化学物質の製造や輸入に届出と総量管理を義務づけるもので、製品だけでなく原材料や部品にも規制が及びます。そのためEUと直接の取引がないメーカーでも、REACH分析が必要になる場合があります。

研究

物質の追加があるので注意

欧州において製造、または欧州に向けて輸出を行なう場合にはREACH分析を確実に行なう必要があります。化学物質に関する規制や検査は数多くありますが、REACH分析は対象となる物質が追加され増えていくので定期的な検査を欠かさずに行なわなければなりません。

ウーマン

複数の物質をまとめて検査

REACH分析は特にヨーロッパにおいて製造や製品の輸出入を行う事業者にとっては、必要不可欠な検査だと言えます。検査機関にきちんと依頼すれば170以上ある規制物質の分析を適切に行ってくれる上、随時追加される物質についても適宜に分析が出来ます。

研究

高懸念物質の分析を依頼

欧州連合では化学物質の登録・評価・認可・制限に関するREACH規則と、認可対象候補物質が定められています。認可対象物質を含む可能性のある製品を対象地域に輸出するには、試験分析機関でのREACH分析が不可欠です。ISO17025の試験所認定を受けた分析機関は、REACH分析の依頼先として信頼できます。