環境保護を目的としたREACH分析の概要

MENU

複数の物質をまとめて検査

ウーマン

追加される物質も忘れずに

REACH分析とは欧州連合における化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規制に対応するための検査であり、欧州域内で製造または欧州域内に輸入される化学品に対しては必ず行わなければなりません。さらに部品単位での輸出がなくても、その部品を使った完成品が欧州連合内に輸出される場合はREACH分析が必要になる可能性があるので、各事業者は注意しなければなりません。このREACH規制の対象になる化学物質は2017年7月現在で170以上になるので、監督官庁のホームページや各検査機関の情報などを参考にしてしっかりとした分析依頼を行って下さい。またREACH分析が求められる化学物質は随時に追加されていくので、一度検査を行ってもその都度追加された物質の新たな検査を忘れずに行いましょう。このような化学物質に関する規制や検査はREACH分析以外にも複数存在しているので、確実な分析検査をしてくれる信頼性の高い検査機関を探すことが大事になってきます。当然コストを考えて検査費用を抑えることは重要ですが、こと製品の安全性の担保にもなる重大なポイントであるので、どの検査機関が最適であるかは妥協せずに取捨選択しましょう。その際には綿密なコミュニケーションを取ることが可能であり、金銭面または作業のプロセスについて明確な説明を心掛けている機関を選ぶと良いはずです。そうすればREACH分析のみならずあらゆる規制にそつなく対応できる安全で確実な事業活動の一助となるでしょう。

RECOMMEND POST

実験道具

EUの化学物質規制

EUで実施されているREACH規制は、特定の化学物質の製造や輸入に届出と総量管理を義務づけるもので、製品だけでなく原材料や部品にも規制が及びます。そのためEUと直接の取引がないメーカーでも、REACH分析が必要になる場合があります。

研究

物質の追加があるので注意

欧州において製造、または欧州に向けて輸出を行なう場合にはREACH分析を確実に行なう必要があります。化学物質に関する規制や検査は数多くありますが、REACH分析は対象となる物質が追加され増えていくので定期的な検査を欠かさずに行なわなければなりません。

ウーマン

複数の物質をまとめて検査

REACH分析は特にヨーロッパにおいて製造や製品の輸出入を行う事業者にとっては、必要不可欠な検査だと言えます。検査機関にきちんと依頼すれば170以上ある規制物質の分析を適切に行ってくれる上、随時追加される物質についても適宜に分析が出来ます。

研究

高懸念物質の分析を依頼

欧州連合では化学物質の登録・評価・認可・制限に関するREACH規則と、認可対象候補物質が定められています。認可対象物質を含む可能性のある製品を対象地域に輸出するには、試験分析機関でのREACH分析が不可欠です。ISO17025の試験所認定を受けた分析機関は、REACH分析の依頼先として信頼できます。