環境保護を目的としたREACH分析の概要

MENU

EUの化学物質規制

実験道具

広い範囲に規制が及ぶ

ヨーロッパ連合では2008年から、化学物質による健康被害の防止や環境保護を目的として、いわゆるREACH規制を実施しています。これはEU域内で事業者あたり年間1トン以上の化学物質を製造または輸入する場合に、欧州化学品庁への登録が義務づけられるものです。使用が全面的に禁止されるわけではなく、届出と総量管理が要求されている点に特徴があります。また新製品だけでなく、既存の製品にも同様の義務を課しているため、企業側の負担は大きくなります。REACH規制は流通経路の川上から川下にまで及ぶため、化学物質を直接輸出していなくても、製品の原材料に含まれている場合は、REACH分析を行う必要があります。たとえば輸出品の下請け加工をしている業者や、部品を製造している業者は、REACH分析をしないと取引に支障が出る可能性があります。REACH規制の対象となる化学物質は当初は15種類でしたが、数年の間に次々と改正が行われ、現在では40種類近くに上っています。さらに1500種類の物質が候補になっていると言われており、精密なREACH分析を行うのは簡単ではありません。そこで多くの企業では、REACH分析を専門の分析サービスに外注しています。少量のサンプルで複数の規制物質を検出する仕組みが確立されていて、コストを削減することができます。ビジネスチャンスを逃さないためにも、信頼できる分析業者の活用が求められています。

RECOMMEND POST

実験道具

EUの化学物質規制

EUで実施されているREACH規制は、特定の化学物質の製造や輸入に届出と総量管理を義務づけるもので、製品だけでなく原材料や部品にも規制が及びます。そのためEUと直接の取引がないメーカーでも、REACH分析が必要になる場合があります。

研究

物質の追加があるので注意

欧州において製造、または欧州に向けて輸出を行なう場合にはREACH分析を確実に行なう必要があります。化学物質に関する規制や検査は数多くありますが、REACH分析は対象となる物質が追加され増えていくので定期的な検査を欠かさずに行なわなければなりません。

ウーマン

複数の物質をまとめて検査

REACH分析は特にヨーロッパにおいて製造や製品の輸出入を行う事業者にとっては、必要不可欠な検査だと言えます。検査機関にきちんと依頼すれば170以上ある規制物質の分析を適切に行ってくれる上、随時追加される物質についても適宜に分析が出来ます。

研究

高懸念物質の分析を依頼

欧州連合では化学物質の登録・評価・認可・制限に関するREACH規則と、認可対象候補物質が定められています。認可対象物質を含む可能性のある製品を対象地域に輸出するには、試験分析機関でのREACH分析が不可欠です。ISO17025の試験所認定を受けた分析機関は、REACH分析の依頼先として信頼できます。