環境保護を目的としたREACH分析の概要

MENU

高懸念物質の分析を依頼

研究

信頼できる試験分析機関を

欧州連合加盟国は環境や人体の健康に対する意識が高く、REACHと呼ばれる規則を通じて化学物質に関する規制を行っています。REACHとは化学物質の登録と評価・認可・制限を意味する言葉の略称で、欧州連合が設置した欧州化学物質庁が高懸念物質の候補を策定してきました。それらの認可対象候補物質は2008年以降毎年2回にわたって次々と追加されており、2017年9月現在で合計200近い物質を数えています。最終的には1500種類の物質がSVHCに指定される予定で、対象地域への製品輸出に関わる企業では今後もREACH規則の動向から目を離せません。発がん性・変異原性・生殖毒性を持つCMR物質や、残留毒性・蓄積性の高い物質など、人の健康や環境に深刻な影響を及ぼす可能性のある化学物質がSVHCの対象です。これらの化学物質を対象地域に直接輸出する企業ばかりでなく、成形品中にSVHCを含む可能性のある製品を製造・輸出する企業も規制の対象となります。成形品中にこれらの物質の濃度が重量比で0.1%を超える場合や、1年当たり1トンを超える場合は、含まれる規制対象物質に関する報告書を欧州化学物質庁に提出しなければなりません。一般の企業ではこうした物質に対するREACH分析を実施するのは困難ですので、専門の試験分析機関に依頼して分析してもらうのが一般的です。REACH分析にはガスクロマトグラフを使った質量分析やプラズマ発光分析など、特殊な測定機を使った分析作業が欠かせません。分析試験の品質を保証するISO17025の試験所認定を受けている分析機関は信頼性が高く、多くの製品メーカーからREACH分析に利用されています。REACH分析の結果、製品中のSVHCが基準値以下と証明できれば対象地域にも安心して出荷できます。信頼度の高い試験分析機関にREACH分析を依頼することで、輸出する製品の信頼性も高められるのです。

RECOMMEND POST

実験道具

EUの化学物質規制

EUで実施されているREACH規制は、特定の化学物質の製造や輸入に届出と総量管理を義務づけるもので、製品だけでなく原材料や部品にも規制が及びます。そのためEUと直接の取引がないメーカーでも、REACH分析が必要になる場合があります。

研究

物質の追加があるので注意

欧州において製造、または欧州に向けて輸出を行なう場合にはREACH分析を確実に行なう必要があります。化学物質に関する規制や検査は数多くありますが、REACH分析は対象となる物質が追加され増えていくので定期的な検査を欠かさずに行なわなければなりません。

ウーマン

複数の物質をまとめて検査

REACH分析は特にヨーロッパにおいて製造や製品の輸出入を行う事業者にとっては、必要不可欠な検査だと言えます。検査機関にきちんと依頼すれば170以上ある規制物質の分析を適切に行ってくれる上、随時追加される物質についても適宜に分析が出来ます。

研究

高懸念物質の分析を依頼

欧州連合では化学物質の登録・評価・認可・制限に関するREACH規則と、認可対象候補物質が定められています。認可対象物質を含む可能性のある製品を対象地域に輸出するには、試験分析機関でのREACH分析が不可欠です。ISO17025の試験所認定を受けた分析機関は、REACH分析の依頼先として信頼できます。