環境保護を目的としたREACH分析の概要

実験道具

EUの化学物質規制

EUで実施されているREACH規制は、特定の化学物質の製造や輸入に届出と総量管理を義務づけるもので、製品だけでなく原材料や部品にも規制が及びます。そのためEUと直接の取引がないメーカーでも、REACH分析が必要になる場合があります。

詳しく見る

MENU

研究

物質の追加があるので注意

欧州において製造、または欧州に向けて輸出を行なう場合にはREACH分析を確実に行なう必要があります。化学物質に関する規制や検査は数多くありますが、REACH分析は対象となる物質が追加され増えていくので定期的な検査を欠かさずに行なわなければなりません。

詳しく見る

ウーマン

複数の物質をまとめて検査

REACH分析は特にヨーロッパにおいて製造や製品の輸出入を行う事業者にとっては、必要不可欠な検査だと言えます。検査機関にきちんと依頼すれば170以上ある規制物質の分析を適切に行ってくれる上、随時追加される物質についても適宜に分析が出来ます。

詳しく見る

研究

高懸念物質の分析を依頼

欧州連合では化学物質の登録・評価・認可・制限に関するREACH規則と、認可対象候補物質が定められています。認可対象物質を含む可能性のある製品を対象地域に輸出するには、試験分析機関でのREACH分析が不可欠です。ISO17025の試験所認定を受けた分析機関は、REACH分析の依頼先として信頼できます。

男の人

輸出には安全性評価が重要

食の安全が世界的に求められていますが、食以外の製造品についても基準が厳しくなっています。ユーロ圏ではREACH規則を定めて輸入品の検査をしています。スムーズな輸出をするためには国内で厳格なREACH分析をする必要があります。製造品の素材や原材料をはじめ、製造工程の管理から完成品の検査まで行います。

実験道具

SVHCの分析技術

REACH規則に指定されたSVHCと呼ばれる高懸念物質の分析は、特殊な分析装置を持つ試験分析機関に依頼することが必要です。REACH分析にはガスクロマトグラフや質量分析計・分光器・検出器といった機械が使われます。試料によっては融合結合プラズマや紫外可視近赤外分光法といった分析方法も実施されています。

詳しく見る

研究

分析セット料金の相場

欧州連合加盟国に製品を輸出する企業は、REACH規則に基づくSVHCの分析が欠かせません。試験分析機関に依頼した場合のにREACH分析セット費用相場は、第17次までのSVHC174物質で20万円から30万円程度です。ISO17025の試験所認定を受けた分析機関は、試験結果の品質も保証されています。

詳しく見る

欧州連合が定めた規則

研究

環境保護と健康維持

2007年6月1日より欧州連合によって制定されたのが、REACHという名称で呼ばれる欧州連合規則があります。REACHとは化学物質の登録、評価、認可、及び制限を表現しており、環境の保護と人間の健康を守るための化学物質を管理することが目的の規則です。欧州連合は、登録や法令の告知といった実際的な活動は、欧州化学物質庁を設置しおこなわせています。欧州連合によって定められた規則では、化学物質の有無を立証する責任は企業側にあるとし、また物質にかかるリスクを管理することも求められているのでREACH分析は企業にとって重要なのです。欧州化学物質庁では、欧州内での使用に特別な認可が必要となる候補のことを、高懸念物質と呼んでいます。さらにREACHの規則によると、高懸念物質が0.1パーセント以上含まれている場合は、消費者の要求があれば45日以内にREACH分析をして答えを出すことを義務付けています。現在は年に2回のペースで物質が追加され、今後も増えていくことでしょう。欧州との交易も盛んにおこなわれているだけでなく、欧州内に工場を持っている企業にとってはREACH分析は、最も重要な問題になりつつあります。消費者の要求があったら45日以内に、答えを出さなければいけないので、REACH分析には正確性とスピードも大切です。REACH分析をしてくれる企業は、国内外を問わず増えてきており、各社が独自のセット価格を提示しサービスを提供してくれています。欧州内での市場を確保し、流通経路を広げるためにはREACH分析は必要不可欠です。

RECOMMEND POST

実験道具

EUの化学物質規制

EUで実施されているREACH規制は、特定の化学物質の製造や輸入に届出と総量管理を義務づけるもので、製品だけでなく原材料や部品にも規制が及びます。そのためEUと直接の取引がないメーカーでも、REACH分析が必要になる場合があります。

研究

物質の追加があるので注意

欧州において製造、または欧州に向けて輸出を行なう場合にはREACH分析を確実に行なう必要があります。化学物質に関する規制や検査は数多くありますが、REACH分析は対象となる物質が追加され増えていくので定期的な検査を欠かさずに行なわなければなりません。

ウーマン

複数の物質をまとめて検査

REACH分析は特にヨーロッパにおいて製造や製品の輸出入を行う事業者にとっては、必要不可欠な検査だと言えます。検査機関にきちんと依頼すれば170以上ある規制物質の分析を適切に行ってくれる上、随時追加される物質についても適宜に分析が出来ます。

研究

高懸念物質の分析を依頼

欧州連合では化学物質の登録・評価・認可・制限に関するREACH規則と、認可対象候補物質が定められています。認可対象物質を含む可能性のある製品を対象地域に輸出するには、試験分析機関でのREACH分析が不可欠です。ISO17025の試験所認定を受けた分析機関は、REACH分析の依頼先として信頼できます。